ゲーム

ゲーム「CoD:MW」と映画「13時間」の共通点5選【サバゲー初心者向け】

いきり
いきり
「その特殊部隊はそんな装備しないしー」
それに気付く自分カッコいい(ドヤア)

サバうさ
サバうさ
装備指摘おじさんやめて!

 

サバゲーはオマージュのかたまりです。

アニメ、映画、ゲーム、軍隊などの登場人物の装備を真似したり、コスプレしたり楽しみは無限です。

CoD:MWのストーリーモードもまた、実際に起きた軍事的事件をなぞったシナリオがリアリティと展開を盛り上げています。

とあるメディアのゲームレビューにて、CoD:MWの表現に対して「描写が似ている」「そのまま」と取り上げられていた映画がありました。

映画のタイトルは「13時間 ベンガジの秘密の兵士」です。
CoD:MWのキャンペーン「大使館」と似ているところが多かったです。

この記事の内容

・ゲーム「CoD:MW」と映画「13時間 ベンガジの秘密の兵士」の共通点5選

・「13時間」はどんな人におすすめ?

CoD:MWと「13時間」の共通点5選

映画「13時間」のあらすじ

2012年のリビアのベンガジ。米国CIAは、秘密基地を民間軍事会社「GRS」がCIA職員を保護させていた。

主人公のジャックは、友人のロンが隊長をつとめる秘密基地のGRSに赴任してくるが、CIAチーフのボブはGRSの軍事活動に制約をかけていた。

各国は過激派の攻撃を恐れ、多くはベンガジから職員を退去させていたが、米国のクリストファー・スティーブンス大使が米国大使館からベンガジの領事館に赴任してくる。

大使館に比べ、領事館の護衛はわずか5人+地元リビアの民兵のみ。

アメリカ同時多発テロから11年目の夜、武装集団アンサール・アル=シャリーアによって在外公館が攻撃されたためGRSは大使救出を志願するが、CIAチーフは秘密基地がバレることを理由に待機命令を出す。

領事館は制圧・放火され大使に危機が迫る。待機命令に背いたGRSは領事館へ向かうも大使を見つけられず秘密基地に退却する。リビア民兵も逃げ出す。

しかし、武装集団はCIAの秘密基地を知っており、追撃をかけてきた。機密文書を破壊するCIA職員を守ってGRSは基地に立てこもり助けを求めた。

コールオブデューティ:MW「大使館」のプレイ動画。長いので飛ばしてOKです。

 

無能な上司が現場の危機を広げる

出典:Amazonプライムビデオ

 

もしものときに指揮官、上司が無能だと被害が拡大するのは日本でもよくあることです。
3・11直後、上空からヘリで視察したいといっていた国家のトップがいましたね…

福島原発は津波によって全電源が喪失し、原発冷却水の循環が停止、制御不能になった。吉田昌郎所長以下の職員が命がけで制御に取り組んでいた。そこへ当時の菅直人総理がヘリで乗り込んだ。作業は一時中断だ。後の述懐によると吉田所長は「総理の対応は本社ではないのか、何故現場の自分がやらなければならないのか」という趣旨の、血を吐くような発言を東電本社とやりとりしている。
出典:八年前の3.12、当時の菅直人総理はヘリで福島原発に乗り込んで吉田所長以下の必死の作業を中断した。その日の午後ベント不成功で水蒸気爆発が起こった – 衆議院議員 土屋正忠

 

CoD:MW キャンペーンモード「ピカデリー」では、政府ではロンドンのテロ情報を知っていながら政治的理由から警察に十分な装備をさせることができませんでした。

 

13時間では、現地のCIAチーフの無能っぷりが際立ちます。
すでに米国領事館が襲われているにもかかわらず、精鋭のGRSには待機命令。

 

GRSのリーダー
GRSのリーダー
すぐに領事館へ行かせてください!

 

打診するGESリーダーの訴えをチーフは受け入れず、地元で雇った民兵の手を借りよう連絡します。

 

理由は、自分たちの保身です。


CIAの基地がバレると、退職間近のチーフの経歴に傷がつくので決断が後手後手になったのです。

もちろん、少なくない職員を抱える管理職としての責任もわかります。
何より、諜報機関なので、汚い手段を取ることも考えないといけません。

 

結局、暴徒側には基地の場所はバレていたので被害が大きくなってしまいました。


しかし、領事館に火の手が回る前に精鋭のPMCが急行していれば大使は助かったかもしれません。

 

サバうさ
サバうさ
ちなみに、ゲームでも映画でも現実でも米国大使は亡くなっています。

 

身近にどうしようもないパワハラ上司がいた場合、自分に害がなくてもよそに移った方がいいです。

私の経験上、このような上司がいる職場は危険です。

・明らかに上司が原因で適応障害になる。

・持病のびまん性汎細気管支炎の通院を「やめられないか?」

・適応障害の疑いがあるので、心療内科に通院したいのに止められる。

 

米国大使を守れず別の地点に移動してテロリストと戦う

出典:Amazonプライムビデオ「13時間」
ゲーム「コールオブデューティーMW」

 

CoD:MW→ウルジクスタン米国領事館が占領され、大使死亡。米国大使公邸にたてこもる

13時間→ベンガジの米国領事館が襲撃、放火され、大使死亡。CIA基地にたてこもる

 

サバうさ
サバうさ
完全に一致

 

サバゲー装備、電動ガン・エアガン通販【FIRST ON WEB!】

テロリスト?民間人?味方の傭兵?

 CoDも13時間も、民間人かテロリストか判別がつかない場面がしばしば起こります。

 

例えば、CoDでは守りを固める米国大使公邸に面する側道を通りかかる車が一台。
傍目にはテロリストの偵察にも、ただの一般車両にも見えます。

 

13時間ではさらに、加勢に来た地元傭兵団・民間人・暴徒の区別がつきません。

傭兵団の団長。どことなくフ〇インに似てる?


しかも、暴徒と傭兵のボスにつながりがあるため、もはや主人公たちのGRSはどちらも信用できないというカオスな状態。

 

ゲームでも映画でも、見る側の混乱を誘う演出です。

 

ちなみに、筆者は、ゲームにて試しに通りかかる車をドローンの攻撃で吹き飛ばしてみました。プライス大尉には怒られましたゲームオーバーにはなりませんでした。

 

プライス
プライス
武器が見えたのか!?

テロリストの襲撃に波がある

CoDでも13時間でも、一度敵の攻撃が引き、その間に大勢を立て直す時間があります。

静かになった時間は、敵がいつ襲ってくるかわからない不気味さをあおる効果があり、見る側を緊張させます。

映画13時間では兵士たちが懸命に死亡フラグを建築します。

・家族の写真を眺める

・妻に赤ん坊が生まれることを仲間の兵士に楽しげに話す

・GRSの援軍を呼ぶが、援軍を運ぶための現地の運転手が代金が安いといって揉める
 
 
 
サバうさ
サバうさ
実際の事件でも、犠牲者、負傷者が出ており、シャレにならないね…

 

 

テロリストもPMCも同じ人間で家族がいる

ゲーム「コールオブデューティーMW」
映画「13時間」

 

どちらの作品も、「圧倒的な悪を正義の味方が倒してUSA!USA!」という展開にはなっておらず、果たしてこれでいいのだろうか?という現代戦の疑問を投げかけてきます。

CoD:MW…ミッション「昔の同士」にてテロリストの幹部を尋問する際に、捉えてきたテロリスト幹部の家族に銃を突き付けて脅す。

13時間…リビア人部隊が救援に駆け付けCIA職員たちが退去をはじめるなか、戦場で倒れるテロリストに駆け寄る家族たちのシーン。

CoD:MWと「13時間」のちがい

テロリストの襲撃中に援軍が間に合う

CoDは映画「13時間」のオマージュがありますが、決定的なちがいがあります。

COD:MW→援軍に攻撃ドローンが到着

映画「13時間」→加勢がほぼ間に合わない。

 

13時間では夜通しの襲撃後、リビアの首都から陸路で車を飛ばしてCIAやデルタフォースの陸上部隊が到着します。

現実のリビア米対外公館襲撃事件でもヨーロッパからアメリカ海兵隊50人が駆けつけたのは翌日の9/12

 

一方、CODでは限定的ではあるものの航空支援がスタンバイしています。

 

米国大使公邸に迫るテロリストの車を、プレイヤーがマーカーで指示するとドローンが攻撃してくれます。

 

マーカーを出してからミサイルが跳んでくるまでには時間差があり、蛇行する車のコースを予測しながら攻撃位置をマーキングするのはスリルがあります。

映画「13時間 ベンガジの秘密の兵士」はこんなサバゲーマーにおすすめ

・サバゲーでPMC装備に興味がある人

AKで武装したアフリカ民兵、傭兵装備の参考にしたい人

ワイシャツ姿に防弾チョッキを身に付けたLE装備

 

「13時間 ベンガジの秘密の兵士」はPMC(民間軍事請負会社)が活躍する映画なので、主人公のジャック、ロンをはじめとしたネイビーシールズ上がりの精鋭PMCが登場します。

ただし、一部グロテクスな表現があるためご注意ください。

「13時間」はアマゾンprime他、U-NEXTなどで配信されています。

Amazonプライムビデオで13時間 ベンガジの秘密の兵士を見る U-NEXTで「13時間」をみる<U-NEXT>

まとめ

 

CoD:MWキャンペーンモード「大使館」と映画「13時間」の共通点と相違点について紹介しました。

 

何より怖いのは、元ネタが現実に起きた事件であることです。

 

「13時間」のエンディングでは、その後リビアが過激派組織IS(イスラミックステイト)の活動拠点として機能してしまったことを伝えています。

 

犠牲になった保安員はほんとうに、なんのための犠牲だったのでしょうか、と考えてしましますね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

おなじくリビアのゲラルトがもし、銃をもっていくとしたら?

関連記事:ウィッチャーに持たせるべき銃3選【サバゲーで映える片手持ち銃/エアガン】 | りろうしBlog

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です