サバイバルゲーム

サバゲーでおすすめのマーカー【サバゲー初心者さん向け】

こんにちはりろうし(@Rerousi)です 。

この記事では「サバゲー初心者さん向けに、サバゲーでおすすめのマーカー」をご紹介したいと思います。

みなさんは、人生でからだにガムテープを巻きつけたいと思ったことはありますか?

幼稚園児や保育園のころじゃありません。

だいの大人がです。

いにしえの罰ゲームで、すね毛にペタ―っと貼って一気にはがすというものがありました。

あれ痛いですよね?

え?やったことない?

「ひざ側からじゃなくて足首からはがす方が痛い」って知ってました?

え…知らないですか?

多分、ずっと知らない方がいいです。

サバゲーでは自分から体にガムテープを巻きつけたくなることがあります。

罰ゲームではなく、自分からです

サバゲーでおすすめのマーカー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】IKORA PARKS (イコラパークス)さん(@ikoraparks_official)がシェアした投稿

マーカーとは、ゲーム中に相手チームと味方チームを見分けるためにからだに身に付ける目印のことです。

基本は、左右の二の腕に赤か黄色のマーカーを巻きつけます。

3チーム、4チームに分かれてのゲームの場合は青や白のマーカーを使うこともあります。

サバゲーフィールドでは無料で借りられることが多いです。

赤や黄色のガムテープを巻きつけることもあります。

サバゲーでマーカーを二の腕以外にもつける場合もあります。

以下のようなゲームでは、体のあちこちにマーカーをつけたくなります。

・参加人数が100人以上のゲーム

・森林フィールド

・サバゲー初参加の人が多いゲーム

・暗くて交戦距離が近いアフィールド

 

なぜかというと、味方からの誤射が多いシチュエーションだからです。

例えば、森林フィールドでは迷彩服が本領を発揮するので、潜んでいる味方に驚いて誤射することがあります。

サバゲー初参加の人が多い定例会でも、自分が持っているマーカーに加えて体にガムテープを巻きつけることがあります。

やはり、誤射を減らすためです。

サバゲー初参加で味方を誤射してしまうと

初心者さんは

 

「あとで何か言われるのではないか」

「仕返しされるのではないか?」

 

と構えてしまい、後のゲームを十分楽しめなくなってしまいます。

サバゲーで誤射は誰にでもあるというのはゲームを繰り返すうちに自然とわかってきまが、初回ではそれもわかりません。

サバゲーで体中にマーカーを付けるのは、初心者も常連もみんながサバゲーを楽しむためです。

車の運転と一緒です。

 

・思いやりパッシング

・進路変更での早目のウインカー

・早めのライト点灯

 

すべて周りに自分の存在を知らせるためにやりますよね。

信号機が急にからに変わったら困りますよね。

黄色で警告してから変わるから停車できるんです(?)

強引ですがそれと一緒です。

サバゲーでおすすめのマーカー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🇯🇵さおりーぬ🇯🇵さん(@saoreane_airsoft)がシェアした投稿

マジックテープタイプ

安いので複数用意できる。レンタルでも御用達
マジックテープがへたりやすく、緩んで落ちてしまうことがある

ゴムタイプのマーカー(イエロー・レッド)2色セット 

LAYLAX [ライラクス] クイックマーカー 4ロール

ぼくも使っています。一発で巻けるので便利ですが、服のシワで埋もれてしまうことがあるため度々つける位置を調整することもあります。

リバーシブルマーカー

パッチタイプ

ゲーム中にちぎれる、はがれる
自分の場合ですが、友人に背中に十文字に貼ってもらったり、両手首に巻き付けたりすることがあります。

まとめ

サバゲーにおけるマーカー

・マーカーは敵と味方を見分ける目印

・赤と黄色が基本の2色

・プラスチック、リバーシブル、ゴム、マジックテープなどの種類がある

・ガムテープもあり

・味方からの誤射を減らすために背中や頭にも付けられる

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です