オーディオブック

#1ヶ月書くチャレンジ 6日目 最近ハマっていること「Amazon Audible」

#1ヶ月書くチャレンジ6日目 最近ハマっていること 「オーディオBOOK」

いしかわゆき さん著の「書く習慣」の付録、#1ヶ月書くチャレンジ。 6日目のお題は「最近ハマっていること」

Amazon Audibleに課金を始めて1年と4ヶ月になる。 月額1500円とサブスクリプションの中では割高な部類だ。

だけど、移動中も読書が捗るし 1500円以上する本を読めるので価格以上の良さがある。

しかも、理由にもよるが聴いた後でも返品できるのだ! 使いすぎ注意!

Amazon Audibleで運転中が読書タイムになる

本を読み聞かせてくれるので、移動中や家事などの単純作業中に 再生できるのがオーディブルの強みだ。

  • 散歩中、家事中はワイヤレスイヤホン
  • 運転中はスマートフォンで流し聞き

などそれまで読書に使えなかったシチュエーションがまるまる読書時間になる。

  • 大人になって読書してねー!
  • 読書めんどくせー!
  • 本?ああ!睡眠薬の一種だろ?

もちろん、目で文字を追うよりも、 耳で聴く方が同じ本でも時間がかかる。

例えば、 ユヴァル・ノア・ハラリの「21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考」

オーディオブックを買ってみたけど再生時間の15時間はさすがに長すぎで お腹いっぱいだった(笑)
しかも、自分のおつむでは聞いてて眠くなるパターンだった。

しかし、オーディオブックは再生スピードを速めることができる。

  • 1度目は1倍
  • 2度目は1.25倍
  • わかりにくいとこだけ1.5倍

など、再生速度を上げて、それを繰り返し聞ける。 目で1度黙読するよりもだんぜん耳に残りやすい。

世の中には一回読んだだけで、本の内容や問題文を理解できる エロい人がいるけど、みんながみんなそうではない。

何度も読むことで本の内容を頭に残そうとする人が大半だ。 オーディオブックでは反復学習が手軽にできるのだ。

サバうさ
サバうさ

まぁ自分は、ラノベとミステリー小説多めなんですがね。

Amazon Audibleの気になるところ

オーディオブック化されてない作品も多い

ホラー作家貴志祐介の作品が好きなのだが、 全作品が音声ブック化されているわけではないのがもどかしい。

どうも2016年以来、新しい作品が追加された形跡がない。

  • 2008年の「新世界より」
  • 2010年の「悪の教典」

などしゃべり方にクセのあるサイコパシーなキャラクターが 活躍する作品が未だ追加されず悲しい。

特に「悪の教典」を追加してほしい。

高校生1クラス分の生徒が、夏休みの夜に校舎に閉じ込められて
サイコパス担任教師ハスミンこと蓮見聖司(ハスミセイジ)が駆る
中折れ2連式ショットガンによってマンハントされていくカタルシスを
プロ声優の演技で聞いてみたい!

 

図表や数値が必須の作品は無理ゲー

物語や自己啓発本、ミステリー、ホラーなどの抽象的な話は流し聞きできる。

例えば、

  • 対話劇の「嫌われる勇気」
  • 映画を見た人も多い「君の名は」原作小説

などだ。

しかし、付録のグラフや図表、統計データなどの奥付を 見ておかないといけない作品はオーディオブックの意味がないのではないかと感じてしまう。

たとえば、宮口幸治 著の「ケーキの切れない非行少年たち」だ。

何度も少年院に入退院してしまう子どもたちの認知の歪みを、
「お手本の絵を、ペンで模写させる」ことによって 
先生が初めて観測する場面がある。 

少年の模写した絵が、 お手本とかけ離れすぎているので
ショックを受ける重要なシーンなのだが

文字通り、音声とは別に付録PDFの絵を目で見ないと どれくらい非行少年の認知が歪んでいるかわからない。

ただ、これは自分がオーディブルを聴くのが 「車の運転中」が大半なので生じる不満でもある。
電車やバスなど、スマホの画面を見られる場面なら気にすることはないだろう。

おすすめのオーディオBOOK

  • リング・・・言わずと知れた貞子の原作小説第一巻、もはやビデオテープすら懐かしい。松島ナナコが松島ナナ男で驚愕
  • らせん・・・貞子が作家デビューしていたことが発覚するリングシリーズ第二巻
  • 黒い家・・・貴志祐介の100万部売れたサイコホラー。反社会性人格障害サイコパスの狂気は音声で引き立つ
  • 嫌われる勇気・・・自己啓発本の代名詞。大学教授と厨二病語録全開の若者の問答がおもしろい。
  • 悪魔とのおしゃべり・・・尊敬する人の理解できないアイデアこそ参考になる。←!?
  • 言の葉の庭・・・声優 花澤香菜さんの演じる高校教師が、靴職人志望の男子校生と足フェチ関係になる
  • 走れメロス・・・声優大塚明夫の「メロスは激怒した!」にピンときたらポチってみよう。
  • 幼女戦記シリーズ・・・第二次世界大戦に魔法使いを足した骨太現代戦記。男女ひとりづつの声優で20人近くのキャラクターを演じ分けてるのは聞く価値がある。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です