アニメ

#9「最近泣いたこと」2021年に泣いたアニメ2本

いしかわゆき さん著「書く習慣」の付録、#1ヶ月書くチャレンジ挑戦中 9日目のお題は「最近泣いたこと」

最近泣いたことが思い浮かびません。 ここ1年くらいで考えたら、すぐに思い出せない。

なので、ここ1年で「感情が動いた」アニメを紹介します。

泣けるアニメ と素直に書かないのは 筆者が「泣ける○○○」というフレーズが嫌いだからです。

「最近泣いたこと」泣けるアニメって言葉が嫌い 

「泣ける○○」とかいう宣伝フレーズが嫌いです

なぜかというと「泣ける」と言われるのは
「感情を誘導している」からです。

感情の先物取引、視線誘導、プロパガンダです。

「ぜったい泣ける」は暗に 「これを見て泣けないやつの感性おわってるwww」 とバカにされているようです。

泣けるのは、思わず昂って 感極まるから泣けるのであって メディアが誘導するものじゃないはずです。

  • 炎上!
  • ○○すぎる
  • 過去最低
  • 過去最悪
  • ぜったいするな
  • これをすると損!

極端は表現を使うと
読まれやすいので広告戦略上仕方がないのは理解できます。

が、納得はしませんねぇ。

劇場版鬼滅の刃 無限列車編「言うはずが無いだろうそんなことを俺の家族が‼」

鬼に惨殺された家族の幻が、悪夢の中で炭治郎を責めるシーン。

  • 兄弟「俺たちが殺されてる時、何してたんだよ。自分だけ生き残って」
  • 父「何のためにお前がいるんだ。役立たず」
  • 母「アンタが死ねば良かったのに。よくものうのうと生きてられるわね」

これらの言葉は無限列車編のボスキャラが 炭治郎を追い詰めるために見せた幻想である。

しかし、家族に全幅の信頼を置いていた炭治郎はブチ切れる。

炭治郎「言うはずが無いだろうそんなことを俺の家族が‼」

集英社刊『鬼滅の刃』(著:吾峠呼世晴)単行本7巻より引用

第一話からアニメを追っていれば 彼の家族が

「お前が死ねば良かったのに」
なんて冗談でもいうわけがない。

視聴者もうすうすわかっているので 激怒する炭治郎のセリフは痛快だ。

これ泣ける? というよりはカタルシスな話だな。

職を得たランボー。ヴァイオレット・エヴァーガーデン

引用:https://www.kyotoanimation.co.jp/books/violet/special/present/

10月末日に金曜ロードショーで総集編とOVAが放送されたけど 番宣で「泣ける」を全面に押し出してきたのが嫌だった。

それでも

アニメ第10話は不意打ちのごとく 涙腺を突いてくる上手い構成だ。

10話に至るまでの各話で 主人公の元少年兵の女の子が 感情を取り戻していく。

各話の積み上げがあって、 はじめて10話が生きてくる。

それまで決して泣かなかったヴァイオレットが
10話の最後でボロ泣きすることで完成する。

10話、10話うるさいので自分でも嫌だけど Netflixで全話見てほしい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。